ワキガを悪化させないために私が気をつけている習慣|悪化と改善

リスメルTOP>

ワキガを悪化させないために私が気をつけていること

手術しないと治らないと言われているワキガですが、私は日々の生活の色々な事を気をつけることで臭いを改善することができました。

 

だから私のように軽度~中程度の場合は、日ごろの生活習慣で臭いが軽くなったり強くなったりすると感じています。

 

今回はワキガの臭いが強くならないために私が日々気をつけていることをご紹介したいと思います。

 

わきがを悪化させる生活習慣とは


 

【悪化させないために私が気をつけている事】

  1. シャワーだけにしない
  2. お肉や乳製品を食べ過ぎない
  3. 乾燥させない

 

わきがを悪化させてしまうポイント


絶対にシャワーだけにはしない

 

何度も何度もお風呂の話をしていますが、私は臭い改善には入浴方法がダントツで大切だと思っています。

 

私が臭いを軽減できた事の大きな理由は、入浴方法とワキガ専用クリームを使ったことだと思っています。そのためお風呂の入り方にはとてもこだわりがあるのと同時に、夏でも絶対にシャワーだけで済ませてしまうことはありません。

 

私は今でもシャワーだけの日々が続くと、いくら質のいいワキガクリームを使っても臭いが抑えられません。

 

お風呂の入り方のページで詳しい理由は書いていますが、シャワーだけでは臭いの元が洗いきれないんですよね。それに、シャワーだけではどうしても石けんの流し残しが出てしまいます。

 

臭いの元もしっかり落とせない
細菌のエサになる石けんも残ってしまう
これは臭いをひどくしてしまう大きな原因になってしまいます。お風呂タイムをシャワーだけで済ませるのはNGです。

 

 

お肉や乳製品はほどほどに

 

脇の臭いを悪化させないために食事の面で気をつけていることもあります。それは、元々とても大好きだったお肉類や乳製品を少し控えていることです。

 

お肉や乳製品は体臭ととても結びつきが強い食品です。ワキガの人でなくてもお肉類は体臭を強くします。これはお肉ばかり食べているとお野菜不足になって腸内環境がとても悪くなったり、お肉を分解するときに出るアンモニアの量が増えて処理しきれなくなり体を巡ってしまったりするからです。

 

でも、それ以上にワキガの私たちに影響を与えるのが「脂肪」です。

 

脂肪の摂り過ぎがワキガに影響すること

 

私がお肉や乳製品を控える理由は2つあります。

 

常在菌のエサが増えてしまう

 

私たちを悩ませているワキガは、アポクリン汗腺から出る汗を分解するときに出る臭いのせいです。

 

そうなんです。アポクリン汗腺から出る汗のせいじゃないんです。分解する時に臭いが発生するんです!そしてこの分解する役割を持っているのがお肌の常在菌です。皮膚にいる細菌です。

 

具体的な菌の名前を言わずに常在菌と現すのは、人によってどんな菌がいるのか変わってくるからです。たとえばニキビで悩んでいる方はアクネ菌が多いと言われていますよね。こんな風に常在する細菌の種類や割合によってお肌はさまざまな影響を受けます。ワキガ体質の場合、常在菌の種類によってどんな臭いになるか変わってきます。

 

細菌たちは、お肉や乳製品に含まれているたんぱく質や脂肪が大好きです。

 

アポクリン汗腺から発汗した汗にはたんぱく質や脂肪が含まれています。もちろんたくさん食べたら分泌される汗にはたくさんのたんぱく質や脂肪が含まれるようになります。細菌たちは、汗の中にエサが増えた分たくさん分解してたくさん臭いを発生させてくれてしまいます・・・。

 

 

アポクリン汗腺を活発化させる

 

さらに、お肉や乳製品などカロリーが高かったり脂肪分が多い食品はアポクリン汗腺を刺激して活発化させる作用があります。もちろん皮脂を排出する皮脂線も活発化して油をたくさん分泌します。

 

お肉や乳製品をたくさん食べると脂肪やたんぱく質が汗にたくさん含まれるようになるだけでなく、さらに働きが活発化されてたくさん分泌するという事は、細菌たちにどんどんエサが与えられるという事です。

 

エサがたくさんあれば分解する量も増えます。さらにエサに困らないので細菌の量も増えます。常在菌が増え、分解作業も忙しくなり、臭いは強烈になるわけです。

 

 

 

私は細菌たちのエサを必要以上に増やさないために、お肉や乳製品の摂り過ぎにはとても注意しています。大好きなんですけどね。

 

脇の下のお肌を乾燥させない

 

もうひとつ気をつけていること。それはお肌の乾燥です。

 

「大人になってから顔にニキビができるのは、水分が足りてないために皮脂が多く分泌されてしまうから」という話を聞いたことがありますか?

 

お肌の水分が足りてないと皮膚から水分が蒸発するのを防ぐために油分でしっかり保護する機能が働きます。油分とは皮脂の事です。水分の足りないお肌は皮脂を余分に分泌してしまうわけです。

 

これは脇の下でも一緒です。

 

  • 制汗剤の使いすぎ
  • 洗いすぎ
  • アルコールシートで拭きすぎ

 

 

ワキガの人は心当たりありませんか?たぶん脇の下の皮膚がかなり乾燥してしまっているはずです。

 

わたしも大学生の頃は3つともやってしまっていました。そのためお肌は傷むし乾燥するしで細菌のエサとなる皮脂の分泌がかなり多かったんだろうなと思います。

 

今は1日1回のワキガ専用クリームだけで制汗剤もほとんど使わず、洗い過ぎないように注意し、アルコールシートは使わずに濡れタオルやアルコールフリーの赤ちゃん用お口拭きなどを常備するようにしています。

 

脇の下がヒリヒリすることもなくなりました。特にデオドラントクリームはワキガ専用のものだと保湿成分も入っているので乾燥も感じずしっとりしたお肌を保てています。

 

 

乾燥させないための食事

 

食事の面についてですが、先ほどお肉や乳製品は減らすと書きました。もしかしたら2の項目を読んでお肉や乳製品を一切食べるのを止めようと思った人もいるかもしれません。

 

でもこれはNG!やってはいけません。

 

わたしも「お肉が体臭をひどくする」という記事を読んで、極力野菜だけの生活をしたらカッサカサでシッワシワなお肌になったことがあります(笑)

 

たんぱく質や脂肪は美肌には必要不可欠な成分です。足りなくなると栄養不足で乾燥したお肌になり、乾燥を補うために皮脂線から皮脂をたくさん出そうとします。

 

食べすぎてはダメです。でも、水分のある健やかな皮膚を作るにはお肉や乳製品もバランスよく食べることが大切です。

 

 

 

関連ページ

わきがが遺伝する確率
自分もわきがで苦しんできた分、子供への遺伝の事が気になりました。遺伝の確率の事や対応について迷いながらも思ったことを書いています。
ワキガが発症する年齢や一番臭いが強く出る年齢は何歳ごろ?
ワキガの発症する年齢と、一番ひどく臭う年代は何歳ごろ?娘の遺伝の心配とともに気になったのでまとめました。
わきがの感染経路?
わきがは正しい感染方法やどうしたらうつるのかなどの知識のない人に心無い濡れ衣を浴びせられる事もあります。正しい知識を身につけて傷つかないようにして欲しいです。
脇毛があるとワキガになるのはどうしてなのか