ワキガをおさえる服とひどくする服|衣類で臭い対策

リスメルTOP>

腋臭を抑える服とひどくする服|衣類で臭い対策

臭いにくい服

ワキガのニオイは、衣服の素材や形状などによっても強くなったり弱まったりします。

 

毎日着るもので少しでもニオイが抑えられるならやっぱり臭わない服を着たいですよね。

 

このページではどんな服が汗の臭いや腋臭を弱めてくれるのか紹介したいと思います。

 

洋服の素材でニオイ対策

 

洋服には天然素材のものと、化学繊維をつかったものがありますが、化学繊維を使ってものは蒸れやすく、ワキガの匂いを強くさせるのでおすすめできません。

 

最近はポリエステルを使った衣服が多く綿の肌着も減ってきました。でも、このような化学繊維は繊維がつるつるしているので吸水性や通気がよくありません。このためア汗が繊維の表面に付着しやすく、匂いの原因となってしまいます。

 

一方、綿などの天然素材は繊維の表面がうろこ状になっており、通気性も良いので蒸れにくい上に、汗に含まれる有機物が繊維に付着しにくいです。汗を吸収しやすく発汗しやすいなどと書いてある商品もありますが、やっぱり天然素材の綿や絹にはかないません。

 

ヒートテックだと腋臭がひどく感じる?

 

冬に大人気のヒートテックも、要注意です。ヒートテックは着ている人の汗などの水分を利用して熱を発生させる構造で、薄い素材なのに温かいという特徴があります。

 

でもヒートテックに使われている繊維はアクリルやポリエステル、レーヨンなどの化学繊維だからなのか、襟元からこみ上げてくる腋臭が綿の肌着を着ているときより強い気がします。一番感じるのは、綿の肌着は着替えると脇の臭いがほとんどしない(肌着が汗を吸い取ってる?)のに、ヒートテックの時は拭かないと臭いが残ってるんですよね。

 

たしかにヒートテックは温かいしピッタリしていて着やすく大好きなんですが、なんとなく脇の下がムレやすく強い匂いがしてくる気がしています。ヒートテックを着る時は、特にしっかりと専用のデオドラントや汗脇パットなどで腋臭対策をしておきたいなって思います。。

 

汚れが衣類にこびりついて落ちてない

 

他にはワキの汗が洗濯しても落ちずにそのまま衣類に汚れとして残っているために臭いの原因になってることもあります。わたし的には結構この汚れ残りが原因という事も多い気がしてます。

 

ワキについた汗の匂いは、普通に洗っても落ちないことがあります。

 

匂いがついたままのものを着るということは匂いを作っている雑菌がいたりエサがすでにある状態なので、簡単に強いニオイを作り出してしまいますよね。

 

しっかりと洗濯をすることはとても大切です。また汗や皮脂は落ちにくいのでそもそもなるべく衣類に脇の汗を付けないようにする工夫も大切です。

 

脇汗パッドを使う、匂いのつきにくい綿100%の下着を選ぶ、衣類はこまめに洗う、脇だけ洗濯石鹸で部分洗いをするなどの工夫を少しずつ重ねてみるとどういう事で自分の脇の臭いが強くなるのかも気づけます。

 

特定の洋服は捨てたことがあります

私の場合は特定の衣類を着るとすぐに腋臭が出るのでそれらの服は捨てました。お洗濯した後は全然臭わなかったけど、たぶん目に見えない汚れが残っていたんでしょうねぇ・・・

 

衣類対策は夏だけでなく冬こそ意識しよう

 

実は夏より、冬のほうが脇がムレで匂いがきつくなります。たぶん心当たりがありますよね。特に暖房の効いた部屋や居酒屋での飲み会時など。

 

冬は重ね着をするのでどうしても通気がわるくなり汗がこもります。それなのに厚着なのでこまめに脇の汗を拭き取るのも難しいですよね。

 

匂いを少しでも抑えるために天然素材の衣類を選び、冬でも制汗剤やワキガ用クリームをつけるなどのケアをしましょう。

 

ワキガは汗に含まれる有機物が常在菌によって分解され、それが酸化してツンとした独特の匂いを発生させます。汗そのものが匂うわけではありません。汗を放置しておくことがニオイの原因になるのです。

 

ニオイ対策では汗を放置しないことが何よりも大切になります。