ワキガは食べ物で治るのか?わきが対策で食生活を意識する日々

リスメルTOP>

ワキガは食べ物で治らないが食事内容で酷くしたり改善したりする

ワキガを治す食べ物
ワキガの原因はアポクリン汗腺から出た汗を細菌が分解する時に出る臭いです。
この細菌の好物が皮脂などの脂肪やアポクリン汗腺から出てくる汗です。体温調節のための汗と違ってアポクリン汗腺から出てくる汗には色々な成分が含まれているため栄養たっぷりなんです。
そこでワキガの臭いを強くしないために大事なのが、

  • 細菌が喜ぶエサ(皮脂など)を減らすこと
  • 細菌を減らす(増やさない)こと

この二つです。
細菌を減らす(増やさない)ためにできることは、入浴法を変えてしっかり洗うこととその後のデオドラントケアになります。(詳しくはワキガ対策のお風呂のページに書いてあります。
もうひとつの細菌が喜ぶエサを減らすために意識しているのが食べ物や食事内容になります。

 

ワキガ対策のための食生活

ワキガを食べ物で治すのは不可能です。
これは、ワキガ体質の人はアポクリン汗腺がワキガ体質じゃない人より多いため、切除手術やミラドライなどで破壊することによってアポクリン汗腺を減らすことでしか根本的な治療法にはならないからです。(ワキガの治療はどういうものがあるの?|種類と料金
ただアポクリン汗腺自体を減らすことはできなくても、汗腺や皮脂線から出てくる皮脂や汗を臭いにくい状態にすることはできます。

 

例えば、皮脂が分泌されるのを抑えたり、細菌のエサになりそうな成分が多くなりそうな食べ物は食べ過ぎないなどです。

ワキガ対策には食べ物を工夫する

皮脂や汗の分泌を抑えるため動物性の食べ物を食べ過ぎない

焼肉やケーキ、ハンバーガーなどのお肉やクリームたっぷりな食べ物を食べると、ニキビができやすくなったりしますよね。皮脂がたくさん分泌されて毛穴を塞いでしまい、そこが炎症を起こすのがニキビです。
脇の下も同じで、動物性のお肉や乳製品などの脂肪分たっぷりな食べ物はやっぱり毛穴からたくさんの皮脂を分泌します。

  1. たくさんエサがある
  2. 細菌が元気に分解する
  3. まだまだエサがあるから細菌が増える
  4. ますます分解される量が増える

覚えていますか?ワキガの臭いは細菌が皮脂や汗を分解するときに発生するんです!

 

皮脂をたくさん分泌する食生活ばかり送っていたら臭いはきつくなってしまいます。

 

数年前の自分の食生活を振り返ると、女子会でのデザート、イタリアンでのドリア、面倒だからとお肉を焼いて食べたり、時間がないからとファストフードやジャンクフードで済ませたり、夜のスナック菓子は欠かせなかったり・・・。これでは臭い対策にいけないことばかりだと食事に気をつけるようになりました。
次に、わたしがどういった食事をしているかご紹介したいと思います。

 

脂肪もお肌の潤いのためには必要

このように紹介すると脂肪や油の含まれている食材や食べ物をほとんどカットしてしまう人がいます。でも、ワキガの場合は健康な潤いがあり常在菌がバランスよくいる状態のお肌が一番臭いにくいです。完全にカットして皮脂がほとんどないカサカサなお肌にならないようにしましょうね♪

 

 

やっぱりワキガ対策の食事にも和食が一番!

ワキガを治す食べ物なら和食が最適
動物性の脂や乳製品、そしてお肉類を多く食べ過ぎると臭いがきつくなるならば、臭いを軽くするためにおすすめな食べ物もあります。それが昔ながらの和定食です。
和食は元々煮物やお浸し等お野菜も多く摂れるので、食物繊維もたくさん食べることができます。それに加えて定食のようにきちんとおみそ汁も加えるとさらに水分とお野菜を食事に取り入れることができます。
お肉や乳製品を取りすぎてアポクリン汗腺を刺激しすぎることもありません。それどころか、豊富なお野菜を食べることで便通を良くし、腸内環境を整えてくれます。
体の中がきれいだと体臭も弱くなります。納豆などの発酵食品を加えるとさらにおすすめです。

和食は大変って思ったら

和食だからと言ってお魚だけにこだわって挫折するよりも、少しのお肉とたくさんのお野菜を食べるように心がけると続きますよ。
それから、カット野菜を使っておみそ汁を作ると割りと簡単にすぐ調理できます。乾燥わかめなどの乾物ものも水溶性の食物繊維などが取れていいですね。

 

乳製品のおやつを抜くだけでも全然ちがいます!

食事全部変えるのは大変だなーって思ったら、外食の時だけでも和食を意識すると脂質が減らせることが多いです。
また、おやつに食べているケーキやプリンなどの洋菓子デザートをお団子や大福などの和菓子に変えたり、フルーツなどに変えるのが手軽にできる脂質抜き方法です♪