電気凝固法ってどんな手術法?|費用と期間と術式

リスメルTOP>

電気凝固法ってどんな手術法?|費用と期間と術式

電気凝固法とは

最近、切らずにワキガを治すことができる方法が増えていますね。電気凝固法もその一つで、毛根から数ミリ離れている場所に針を刺して、電流を流すことによって、アポクリン腺を固める方法です。メスを一切使用しないので、傷跡が目立つ心配もありませんし、ダウンタイムも生じないというメリットがあります。電気凝固法の術式を受けることによって、確実に臭いを軽減させることができるので、切る手術を選ばず電気凝固法でワキガの解消をする人が増えていますよ。期間としては、2~3ヶ月に1回の通院を2~6回程度行って、繰り返していくことによって少しずつ臭いが軽減されていることを実感できるはずです。1回の施術時間は30分と短く、局所麻酔をしていくので痛みもほぼありません。術後、すぐに効果を実感できるというのもこの方法の大きな特徴でしょう。手術とは違って、お子様から年配の方まで誰でも受けることができるのも嬉しいポイントですね。

 

電気凝固法のメリットとデメリット

時間が短く、施術中ほとんど痛みを感じることがなく、ダウンタイムがないので術後でもすぐに仕事もできるというのがこの方法の大きな魅力ですね。当日からシャワーが可能で、翌日には入浴もできるので、暑い夏でも安心して施術を受けることができますよ。効果も早く感じることができ、安全性が高いのがメリットとして挙げられるでしょう。デメリットとしては、1回の施術だけでなく、2~6回の施術が推奨されているということです。メスを使用する手術の場合1回で効果を得やすいのですが、この方法だと複数回通う必要があるので面倒と感じる人もいるかもしれません。それでも得られるメリットも大きいので、とてもおすすめですよ。

 

電気凝固法の費用について

どれくらいの費用がかかるのかというと、例えば新宿御苑美容外科美容皮膚科クリニックの場合、診断料が3,000円、1回の場合は85,000円、2回コースが150,000円、3回コースが200,000円、6回コースが350,000円となっています。2016年現在の価格帯となっているので、変更されることもあるかもしれませんが、他のクリニックなどと比較してみても相場はこの程度となるでしょう。ワキガ治療は保険が適用されればもう少し格安となるのですが、なかなか保険も適用されにくく、どうしても高額となる場合があります。それでも、確実に早くワキガ臭の解消をしたいという方には最適な方法ですよ。