吸引法ってどんな手術法?|費用と期間と術式

リスメルTOP>

吸引法ってどんな手術法?|費用と期間と術式

ワキガ手術の吸引法とは

ワキガ手術にはメスを使用して切るものと、切らないで行うものの2種類に大きく分けられるとありますね。切る方法として有名なのが剪除法なのですが、吸引法は脇を3~5cm程度切開して、アポクリン腺をはさみで直接切り取る方法なのですね。この方法なら、医師がきちんと目で確認してアポクリン腺を除去してくれるので、確実性があるのですが、どうしても傷跡が目立ちやすいというデメリットがあります。それに対して、吸引法はメスを使用しない、切らない手術方法なのです。これは脇の上部を1cm程度切り取って、そこにカニューレという器具を差し込んで、アポクリン腺を吸い出す方法です。切る部分が剪除法より小範囲なので、体にかかる負担も少なくなりますね。美容整形外科などでも行うことができるので、気軽にワキガ治療をする人も増えていますよ。

 

吸引法のメリットとデメリット

剪除法は傷口が大きくなりやすいので、ダウンタイムの期間も長くなることが多くなります。ケアをする必要もあるので、場合によっては入院する必要もあるのですね。傷跡も残りやすく、色素沈着が生じる危険性が剪除法にはあります。それに対して吸引法は、ダウンタイムが非常に短いというのが大きなメリットでしょう。入院する必要はもちろんなく、術後の翌日からシャワーも大丈夫なのが嬉しいポイントですね。傷跡が残るのが嫌な方には、吸引法の方が最適だと言えるでしょう。デメリットとしては、剪除法のように確実にアポクリン腺を除去することが難しいということですね。吸引法は医師が目視して確実に取り除くわけではないので、取り残しがあり、再発する可能性も否めません。さらに吸引法は自由診療しか行っていない場合が多いので、保険が適用されず、どうしても費用が高額になることがあります。そのようなデメリットもありますが、メリットももちろんあるので、自分にとって最も適している術式でワキガ治療をしてみてくださいね。

 

吸引法の費用について

吸引法はその病院によって費用は異なるのですが、相場としては最低でも両脇で10万円程度はかかると思っていいでしょう。もちろんクリニックなどによって料金は変わってくるので、まずはホームページをチェックしてみたり、問い合わせてみてからどこで手術をするのか決めるようにしましょう。ダウンタイムは少ないものですが、きちんと説明を聞いた上で、どの手術を受けるか選んでみてくださいね。