赤ちゃんもワキガになるの?|腋臭持ちのママの不安

リスメルTOP>

赤ちゃんもワキガになるの?|腋臭持ちのママの不安

ワキガのメカニズム

ワキガの臭いと汗には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺が大きく関わっています。ワキガでは主にアポクリン汗腺が原因だと考えられていますが、両方から汗が出ることによって、ワキガの強い臭いに影響を及ぼしてしまうことが分かっているのです。アポクリン汗腺から出る汗は、雑菌が繁殖しやすいので、どうしても嫌な臭いになってしまうのですね。ワキガの人はこのアポクリン汗腺が通常の人より多くなっているので、臭いが生じやすくなっているんですね。エクリン汗腺から生じる汗は雑菌繁殖がしにくいので、臭いもしにくいのですが、やはりアポクリン汗腺から生じる汗と混じって、臭いが生じることもあります。

 

アポクリン線が出来始める年齢

アポクリン腺は子供の場合、早くて小学一年生くらいから発達するようですね。子供が成長してきた証なので、嬉しい反面、やはり親としてはショックを受けることも多くなるでしょう。遅い子供だと、中学生や高校生の頃の場合もありますが、子供がワキガだと感じられる年齢は小学校低学年頃が多いようですよ。

 

赤ちゃんはワキガになる?

赤ちゃんからワキガが分かるのかというと、実は分かるのです。赤ちゃんの口がワキガの臭いがすると思ったら、それはお母さんの母乳が原因でワキガの臭いが生じていることがあるんですよ。お母さんがチチガの場合、その母乳を飲んだ赤ちゃんからワキガのような臭いがするのですね。もちろんチチガのお母さんの母乳を飲んだからといって、赤ちゃんがワキガになったり、チチガになることはないので安心してくださいね。赤ちゃんがワキガになることはないのですが、小学校低学年程度からワキガの症状は分かるようになるでしょう。

 

子供の成長と親の心構え

ワキガの臭いが子供から生じたら、親としてどうしても気になってしまうでしょう。それは子供の成長の証だと分かっても、やはり親としてはショックを受けることもあるかもしれません。親としてできることは、直接「臭い」と言ったりしないで、遠くから見守ってあげることです。正直に「ワキガだから気を付けよう」ということは言わなくても大丈夫ですよ。子供自身が気づくようになるまで、親としてはそっと見守っているだけで十分です。お風呂に一緒に入って、体を清潔にしてあげたり、洋服をこまめに洗ってあげるなどして、そっとサポートしてあげましょうね。何より、親が過敏になりすぎないことが大切ですよ。